近日中に開催の講演会・セミナー

近日中に開催の講演会・セミナー

トピックス

  • 3月講演会【コロナ禍における海外邦人のメンタル問題とストレスを知る】
    3月24日、当協会は、標題の講演会を開催し、国内外で海外邦人の支援やメンタル相談にあたっている医療従事者など専門家6名をオンラインで繋いで、コロナ禍における邦人社会への影響や実態などについて、写真や多くの資料を用いて分かり易くご報告いただきました。コロナ禍における海外生活では、過度の緊張や不安からストレスが蓄積し、メンタル面で不調に陥るなど、健康を維持する上で、メンタルヘルス・ケア対策が重要な課題となっていますが、本講演会では、複数の国の現地の情報を生の声で聞くことでき大変良かった、時宜を得た現地の様子が手にとるようにわかる周到に準備された大変素晴らしい報告でしたなど、講演会に参加いただいた多くの皆様からご好評をいただきました。
  • 中堅・中小企業海外安全対策ネットワーク本会合の開催
    2月28日、第6回本会合がオンラインで開催されました。冒頭、鈴木貴子外務副大臣によるビデオメッセージでの、中堅・中小企業を官民連携して支えていくことの重要性及び本ネットワークを活用した企業支援などについての挨拶があり、外務省側から、長引くコロナ禍における在留邦人等への情報発信・注意喚起、感染状況悪化や情勢不安が生じた際の在留邦人の出国・帰国支援、ワクチン接種事業などについての紹介及び「ゴルゴ13の海外安全対策マニュアル」の活用や在留届・「たびレジ」の正確な登録についての協力の呼びかけがありました。続いて、参加組織から、本年度に実施した取組や今後の活動方針が紹介されました。参加組織はオンラインも活用しつつ、長引くコロナ禍においても様々に工夫しながら海外安全対策に向けた取組を行っていることが確認され、ネットワークの活性化について一定の進展と、更なる改善に向けて引き続き取り組んでいくこととが確認されました。 (詳細は下記URL参照)
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_009281.html

    3月セミナー
  • 1月講演会【外務省診療所長、在外公館医務官としての経験を通じて~邦人支援と災害対応、感染症と海外医療事情~】
    1月26日、仲本光一前外務省診療所長(現岩手県奥州・一関保健所長)を講師にお迎えし、1月講演会をオンラインで開催しました。本講演会では、外務省及び在外公館でのご経験を通じて、世界の医療事情、災害時の邦人支援を中心に、在外公館医務官の役割、新型コロナウイルスの現状、感染症の危機管理と展望などについて、写真を含めた資料を用いて分かり易くお話しいただきました。特に、大規模災害・テロ事件発生時などに現地出張して、直接その対応に当たられた災害事案のお話は、危機管理の在り方を考える上で貴重な内容で、大変有意義な講演会となりました。
  • 11月講演会【邦人避難オペレーション~アフガニスタンのケースから~】
    11月24日、外務省領事局足立秀彰海外邦人安全課長を講師にお迎えし、11月講演会を開催しました。講師には、新たな変異株(オミクロン株)、エチオピア情勢の対応などにご多忙な中、講演をお引き受けいただき、アフガニスタンからの邦人退避オペレーションについて、詳細な経緯を中心にお話を頂戴しました。政府、とりわけ外務省が早期に邦人・大使館現地職員等の退避を準備し、最悪の事態を回避できたこと、今回のオペレーションがこれまでのケースと比べても、緊迫した特異な事例であったことなどが理解でき、参加された皆様から大変参考になったと好評をいただきました。在外邦人の安全環境は引き続き非常に不安定であり、企業、個人それぞれがしっかり身構えなければいけませんが、官民一体となった安全確保の取り組みの重要性を考える上で、大変有意義な講演会となりました。
  • 官民協本会合の開催
    10月27日、外務省において海外安全官民協力会議第18回本会合が、対面及びリモートのハイブリッド形式で開催され、森領事局長ほか外務省関係者並びに民側から企業・団体などの危機管理担当役員ほかが出席しました(議事詳細は下記URL参照)。
    https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/pdf/honkaigou18.pdf
    外務省側から、(1)コロナ禍における海外在留邦人の保護及び支援、(2)我が国の水際防疫措置と人の往来再開に向けた要望を受けての政府の対応、(3)コロナ禍における安全対策についての説明と、森領事局長からは、官民で互いに問題意識や知見等を積極的に共有し、ピンチをチャンスに変えていく貴重な機会として本会合を活用いただきたい旨の発言がありました。その後、感染症危険情報レベルの見直しや日本に帰国してのワクチン接種事業などについて、官民双方で意見交換が行われました。意見交換の冒頭、当協会小野会長より領事局に対して、この1年の活発な邦人保護諸施策について謝意をお伝えしました
  • 8月緊急Webセミナー【アフガニスタン情勢と国際テロ動向】
    8月27日、当協会筆口秀一郎理事を講師として、当協会社員(会員)を対象とする緊急Webセミナーを開催しました。セミナーでは、タリバンが統治を進める流動的な情勢の中で、政権掌握後のタリバンとアフガニスタンを拠点とするアルカイダ及びIS地域組織との関係、米国、中国、インド、ロシアなどの国際テロ情勢に与えるインパクト、アフリカへの影響などを読み解いて、分かり易く解説されました。講師が、これまで企業の危機管理者として長年にわたって深めてきた見識に基く貴重な情報を提供する有意義なセミナーとなりました。
  • 6月特別講演会【コロナ禍における在留邦人の安全確保と外務省の役割】
    6月28日、通常社員総会に併せて,外務省領事局足立秀彰海外邦人安全課長を講師にお迎えし、特別講演会を開催しました。新型コロナウイルスの感染状況と変異株の拡大、各段階での新たな水際対策措置、在留邦人の一時帰国時のワクチン接種、コロナ禍の様々な状況と相まったリスク、取り分け、引き続き存在するテロのリスク、アジア系の人々に向けたヘイトクライム、詐欺その他、人々の不安につけ込んだ犯罪リスクへの対応、在留邦人の安全確保と国際的な往来再開に向けての複合的な取り組みなど,外務省において邦人保護業務を統括する講師から、これらの現状をきめ細かく解説いただきました。参加者の皆様との情報共有の観点から大変有意義な講演会となりました。
    3月セミナー
  • 通常社員総会
    6月28日,当協会の2021年度通常社員総会を開催し,外務省からご来賓として森美樹夫領事局長ほかにご出席いただきました。森局長からは,コロナ禍での複合的なリスクへの対応、国際的な人の往来再開に向けた在留邦人保護や企業の海外展開に資する施策の実施、外務省の継続的な取り組みなど,当協会及び社員にとって心強く大きな励みとなる大変有意義なご挨拶を頂戴しました。下記のとおり当協会小野会長の挨拶と共に掲載いたしますので,是非ご一読ください。
    小野会長及びご来賓の挨拶(概要)PDF
  • 3月セミナー【国際的な交流と活動の復活に向けて~コロナ後の課題とリスクマネジメント~】
    3月17日、当協会越智良典理事(東洋大学国際観光学部教授)を講師として、3月セミナーを開催しました。旅行業分野での仕事に長年勤務し、昨年までJATA(日本旅行業協会)で、コロナ禍の対応に深く携わった貴重な経験等に基づいて、観光産業にとって大きなリスクとなったテロ、自然災害、感染症などに対するこれまでの様々な対応と、安全対策への取り組み、コロナ禍での国際的な往来復活に向けた政府の動き、各国のPCR検査、ワクチン接種、健康情報などをデジタルで一元管理するアプリの開発、入国・検疫手続きへの活用などの新たな動き、コロナ感染症と旅行業界の現状などについて解説いたしました。緊急事態宣言が延長される中で規模を縮小しての開催でしたが、参加いただいた皆様との情報共有の観点から大変有意義なセミナーとなりました。
    3月セミナー
  • インタビュー特集記事
    「非常事態に備えるメンタルヘルス」と題する、当協会福永佳津子理事(海外生活カウンセラー)へのインタビュー特集記事が月刊「海外子女教育」(海外子女教育振興財団)2021年1月号に掲載されました。「今回のコロナ禍も含めて試練に遭遇したときこそ、むしろその災禍から何かを得て力にしてほしいと願う。つねにメンタル面で安定した状態を保ち、トラブルを上手に回避して、心に受けるダメージから素早く回復するためにはどうしたらいいのか。」「日ごろから心がけておきたい〝万が一〟への備えや留意すべきことがら」をテーマとしたインタビュー記事です。海外進出企業の皆様、安全対策を担当されている皆様、是非、ご一読いただきたいと思います。
    特集記事(PDF)
  • 12月講演会【新型コロナウイルス感染症についての考察~日本政府の対応と課題、感染症と危機管理~」
    12月23日、東京慈恵会医科大学 浦島充佳教授を講師にお迎えし、12月講演会を開催しました。疫学・公衆衛生分野の専門家である講師から、新型コロナウイルス感染症について、これまでに明らかとなった感染・発病のメカニズム、感染力と自然免疫、ウイルスの構造、ワクチン開発と効果、変異ウイルスへの対応など、疫学的な見地から分かり易く解説いただき、コロナ感染症と将来の封じ込めに向けた理解が深まりました。また、国による感染の相違など大変興味深いお話も頂戴しました。コロナ禍で規模を縮小しての開催でしたが、参加いただいた皆様と貴重な意見交換も行われ、情報共有の観点から大変有意義な講演会となりました。なお、講師は大学で分子疫学研室室長、小児科専門医として活動される傍ら、内閣官房危機管理監アドバイザーも務めておられ、多数の学術論文発表、書籍出版、記事発表、TV出演など広く活躍されています。
    通常社員総会
  • 9月講演会【在外公館で領事業務に携わった経験を通じて~これまでの在勤地と新型コロナウイルス感染症~】
    9月29日,前在ニューヨーク総領事館領事部長 石塚勇人氏を講師にお迎えして,講演会を開催しました。講師は,外務本省において主に途上国の開発協力及び領事を担当され,在外公館での勤務も29年(9公館)に及び,豊富な勤務経験と知見をお持ちで,本講演会では,我が国の在外公館の概要と役割,海外在留邦人コミュニティ,海外進出企業を取り巻くリスクなどについて,貴重なご経験に基づくお話を頂戴しました。また,昨年3月まで領事部長として勤務されていたニューヨーク及び以前に勤務された英国,ドイツ,インドにおける新型コロナウイルス感染症に関する情報もご披露いただきました。感染症の影響が続く中で規模を縮小しての開催でしたが,参加いただいた皆様と貴重な意見交換が行われ,情報共有の観点からも大変有意義な講演会となりました。
    通常社員総会
  • 企業安全対策責任者講習会
    8月25日,9月30日の両日,当協会事務局において当協会小島俊郎副会長を講師として,総合的な企業危機管理にも触れながら,リスク対策のポイントを検証して,企業における取組みの基本を学ぶ「企業安全対策責任者講習会」を開催しました。企業は,多くの優秀な人材を海外に派遣してグローバルに事業を展開している中,国内外において様々なリスクが発現して,困難な対応を迫られることが少なくありません。具体的に実例を検証しつつ対応のポイントを解説いたしました。新型コロナウイルス感染症の渦中で2回に分けた少人数での開催となりましたが,受講した企業の安全対策責任者等の皆様と貴重な討議も行われ,大変有意義な講習会となりました。
  • 米国務省の海外安全情報
    2018年1月10日,米国国務省は,海外安全情報を,各国の危険度に応じて4段階に区分する方式を導入しました。
    レベル1:Exercise normal precaution(普段どおりの注意)
    レベル2:Exercise increased caution(普段以上の注意)
    レベル3:Reconsider travel(渡航を再考するように)
    レベル4:Do not travel(渡航しないように)
    当協会ホームページ「お役立ち関連リンク」主要国の安全情報→米国務省トラベル情報→International Travel →safety and security informationで確認いただけます。
    *危険度色分地図  →world at a glance
    *国・地別の検索も可能です。
  • 外務大臣表彰の受賞
    当協会副会長小島俊郎氏は、長年に亘る海外邦人及び企業の安全確保に対する功績が認められ平成29年度外務大臣表彰を受賞しました。ここに、功績の一部を紹介させていただきます。 小島氏は,民間企業危機管理部門の最前線で活躍。その知見を危機管理セミナー等の講演や著書等で多方面に発信するなど海外進出企業の危機管理能力の向上に貢献し、外務省海外安全官民協力会議の民側座長や、テロ事件後に政府の対応を検証する各種有識者懇談会等の委員を務めるなど、官民の橋渡し役を担い、最近では、外務省が制作した「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」の総監修も務めました。
  • 寄稿の掲載
    当協会辻理事は、「危機を制して機会を創る~海外リスク対策に生きた仕組みづくりを~」と題して、 海外建設協会(OCAJI)会報に寄稿し、海外リスク対策の仕組みづくり、規程と体制づくりに役立つポイントなどを考察した掲載を行っています。また、仕組みをつくるだけでは価値を持たない。実践し、企業のDNA化し、全員の腑に落とすところまで地道に活動して初めて価値が生まれるとも提言しています。各企業において安全対策を担当されている皆様に、是非、ご一読いただきたいと思います。
    危機を制して機会を創る(PDF)
  • 小野会長へのインタビュー
    2017年1月、当協会小野会長は、旅行業界誌トラベルビジョンのトップインタビュー取材に応え、当協会の紹介及び活動内容に触れつつ、ここ数年来旅行業界を悩ませている海外でのテロ事件などに対し、関係者が取るべき対応、今日では「旅行者が巻き込まれる」時代から、「旅行者もねらわれる」時代になったが、旅行者への情報提供体制や危機管理体制の構築など、「事前にリスクを最小限化すれば、旅を楽しむことは大いに可能」であることなどについて発言しております。下記ウエブサイトに記事が掲載されておりますので、是非ご一読下さい。
    http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=76026(アドバンス記事)
    http://www.travelvision.jp/interview/detail.php?id=76251(詳細記事)
    小野会長
  • 渡航前により一層の安全対策を!
    3 STEPで渡航前の安全対策をお願いします。
    【STEP 1】海外安全ホームページをチェック 
    海外には国によって様々なリスクが潜んでいます。渡航先がどんな国で,どのようなことに気をつけるべきなのかを事前に確認してください。
    「海外安全ホームページ」http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
    【STEP 2】「たびレジ」に登録
    外務省が提供している,海外安全情報メール配信サービス「たびレジ」に登録してください。渡航先の最新安全情報をお手元のスマートフォンや携帯にお届けします。
    「たびレジ」登録https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
    【STEP 3】意識を海外モードに
    海外では日本と違った危険が待ち構えています。いつも以上に慎重に行動してください。「このくらい平気」は禁物です。
    「海外安全 虎の巻」http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/makio.html
    日本とは文化や常識,治安情況が異なる海外への渡航の際は,十分な対策が必要です。十分な対策を講じた上で渡航に臨んでください。
    【関連リンク】
    海外渡航・滞在 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/index.html
    外務省領事局  http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/sosiki/ryoji.html

  • 外務省「渡航情報」の名称変更等
    外務省は2015年9月1日から以下の3つの措置を実施しました。詳細は、次のURLをご参照ください。
    http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/tokojyoho.pdf

    (概要)
    1.「渡航情報」の名称を「海外安全情報」へ改称しました。
    2.「危険情報」の4段階のカテゴリーの表記及び説明を以下のとおり改めました。
    レベル1:十分注意してください。(変更なし)
    レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(旧「渡航の是非を検討してください」)
    レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(旧「渡航の延期をお勧めします」)
    レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(旧「退避を勧告します。渡航は延期してください」)
    3.「感染症危険情報」は危険情報の4段階のカテゴリーを使用して発出します。

更新情報

「当協会について」中に掲載中の公開情報「当協会の活動状況に関する資料」をアップいたしました。