開催予定の講演会・セミナー情報

現在、開催予定の講演会・セミナーは以下のとおりとなっております。

講演名 最近のシリア情勢並びに関連する国際情勢~対テロへの警戒と安全対策~
日時 2017年 3月 6日(月) 14:30~15:45 (13:50受付開始)
定員 90名
受講料 3000円(JOSA法人・個人社員は1,000円)当日、会場受付にて現金でお支払いください。領収書をお渡しします。
会場 千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル 6階
公財)フォーリン・プレスセンター 会見室 (アクセスはこちら
講師 国枝昌樹 元駐シリア特命全権大使
プログラム 当協会は,「最近のシリア情勢並びに関連する国際情勢~対テロへの警戒と安全対策~」と題して,元駐シリア特命全権大使 国枝昌樹氏を講師にお迎えし,3月講演会を開催いたします。

シリアにおいては,全土において,イスラム過激派武装組織,反政府勢力,その他の勢力などの間で入り乱れて衝突が継続し,多数の死傷者,難民及び国内避難民が発生しています。また,米国等によるシリア領内のISIL等への空爆,ロシアによるシリア領内(反体制派及びISIL)への空爆も相変わらず継続され,現時点でシリア危機は収束する見通しがつかないばかりでなく,周辺各国,取り分けトルコでは大規模なテロ事件が繰り返して発生するなど不穏な社会情勢が拡散しています。

このような情勢の中で,イスラム過激派組織や共鳴する分子等によるテロの脅威が海外の広い地域に拡散しており,その脅威は引き続き高いレベルにあります。また、近年,警備の手薄なソフトターゲットがローンウルフ(一匹狼)型のテロリストにより,誰でも入手可能な爆発物やレンタカーなどの武器で狙われるなど,その手段も多様化しています。しかも,最近のニューヨークタイムズ紙報道によれば,たとえローンウルフ型テロであっても調べを進めるとISILからの詳細な遠隔指令による事件であることが判明する場合が少なくないといいます。

本講演会では,講師の現地視察による最新のジリアを巡る情勢や対テロへの警戒と安全対策について,幅広い視点からご講演いただく予定です。

海外進出企業等の危機管理担当者の皆様,或いは海外への渡航を予定されている皆様ほかのご参加をお待ちしております。

「講師略歴」
国枝昌樹氏 元駐シリア特命全権大使。
他の中東諸国においては在エジプト,在イラク,在ヨルダン各大使館に勤務され,長年外交官として活躍。また、『「イスラム国」最終戦争』(朝日新書)など多くの著作のほか,テレビ番組への出演などメディアを通じても活発に活動。


お申し込み方法 こちらのページから必要事項を入力し、お申し込みください。